【トレカイベントレポート】
WHFワールドホビーフェア2018冬 大阪

2月11日(日)、年2回開催されている「次世代ワールドホビーフェア2018冬」へ行ってきました。

次世代ワールドホビーフェア(WHF)とは、小学館キャラクター事業センターなど小学館グループが主催で、1994年より毎年夏と年末および年始に開催されるテレビゲームと玩具のイベントです。

過去何度か幕張での開催の次世代WHFへ視察にいきましたが、大阪会場は初めて視察させてもらいました。京セラドームでの開催で幕張メッセ会場と比べると少し観覧スペースが狭く所々で渋滞が発生していました。スタンド席が開放されているので、休憩はしやすい環境ではありました。

ゲーム・玩具のイベントですので、最新ゲームソフトの体験会や、メーカーいち押しの玩具に触れる機会が得られるのは、子供たちにとってすごく楽しいイベントだと思います。

冬のWHFは、その年の一押し商品が先行で見られたり、体験する事ができます。今年ヒットしそうなゲーム、玩具も数多く展示されていました。個人的には任天堂からでる 『NINTENDO LABO』が気になりました。体験会は無かったのが残念です。

当社事業に繋がる部分では、タカラトミー社製トレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ』のブースがすごい盛り上がりで、ステージイベント、限定商品販売コーナー、特別なカードの当たる”ルーレットくじコーナー”など、どのコーナーも列が出来ている大盛況ぶりでした。私もルーレットくじに参加したのですが、30分程並び結果は惨敗。。トップレアは当たりませんでした(T_T)くやし~

お客さんの大半が家族での来場者で、親子でゲームや、玩具の体験で会場はすごい盛り上がりでした。入場料無料のイベントなので機会があれば家族で参加されてみてはいかがでしょうか?(橋本)

この記事に関するお問い合わせ